「Webで使えるmrubyシステムプログラミング入門」を読み始めた

読み始めた。

Webで使えるmrubyシステムプログラミング入門

以下のMatzさんのTweetで存在を知った。

mrubyは気になりつつ結局触れていなかったのでこれを機にこの本を読みながらやってみることにした。

まず2章のhello worldまで進めた。 書籍ではVagrantでやることになっているが、ひとまずDockerでやってみる。

putsするところまで

$ docker run -it -v $(pwd):$(pwd) -w $(pwd) --name mruby ubuntu:18.04

# apt-get update
# apt-get install gcc git ruby
# git clone --depth 1 https://github.com/mruby/mruby.git -b 2.1.2 mruby-2.1.2
# cd mruby-2.1.2/
# rake

# ./bin/mruby -e 'puts "hello world"'
hello world

# ./bin/mirb 
mirb - Embeddable Interactive Ruby Shell

> puts "hoge"
hoge
 => nil
> exit

HTTPサーバーを動かす

P.40 - 42に従ってmruby-simplehttpserverを入れたmrubyと、mruby_server.rbを作る。

# apt-get install curl vim
# ./bin/mruby mruby_server.rb 

別ターミナルで動作確認。

$ docker exec -it -w $(pwd) mruby bash

# curl http://localhost:8000/

今日はここまで。